今読んで欲しいおすすめ記事はコレ!

【髭濃い→抜く】は絶対NG!!抜くのがダメな理由

 

【ヒゲが濃い】から抜いているそこのあなた!!

 

今すぐピンセットで抜くのをヤメてください。

 

女性に悪印象を与え、恋愛対象外になるかもしれませんよ!!

 

えっ。何でって、、、

 

と思ったらこの記事を最後まで読んでくださいね。

 

この記事を読むことで、「ヒゲを抜くことで起こり得るデメリット」が分かります。

 

噛み砕いて解説しているので、よかったら参考意見としてみてください。

 

濃い髭を抜くは「絶対にNG」。ダメな理由は?

 

 

口すっぱく言いますが、髭濃いからといって「抜くは絶対NG」です!

 

髭をピンセットで抜いてしまうと、

 

毛穴に「黒いポツポツ」が出来てしまい、その部分の肌が黒くなってしまいます

 

角質層が毛穴を塞いでしまい表面に黒い斑点ができるからです。

 

 

また毛穴の皮膚がダメージを受ける事で、防御反応を起こし、

 

メラノサイトという物質が「色素沈着」を起こしてしまうことで、肌の表面が黒く見えてしまいます。

 

人の印象はまず、「顔」で決まっているからです。

 

なぜならデータとして、人の「第一印象」の60%を外見で決めている事が分かっているんですよ。

 

でも色素沈着で、顔の肌が黒く見えてしまい、顔の表情が暗い印象に。。

 

結果、濃い髭を抜くことで、「肌が汚くなり印象が悪く」なってしまうからです。

 

ヒゲを抜くデメリット

 

 

ここからは、ヒゲを抜くことで「起こりえるデメリット」を掘り下げていきます。

 

デメリットは3つです。

 

①痛みや出血、炎症を起こすことも

 

②埋もれ毛になる

 

③肌が汚くなる

 

早速、詳しく見てみましょう!

 

①痛みや出血、炎症を起こす

 

 

ピンセットで抜くことで、「出血や炎症」を起こす可能性があります。

 

髭を抜いた時に毛穴に傷つき、

 

その中にブドウ球菌が侵入してしまうと「毛囊炎」になってしまうかもしれません。

 

 

「毛囊炎」になると肌に赤い小さなぶつぶつができ、

 

中には膿が溜まり、見た目も悪い状態になります。

 

また、ストレスや寝不足で免疫が低くい状態だと、

 

毛穴の中にブドウ球菌が侵入をしてしまい、最悪かゆみだけでなく発熱、

 

痛みが出てしまうこともあります。

 

②埋もれ毛になる

 

 

ヒゲを抜いてしまうと、毛穴や皮膚を傷つけてしまい、

 

黒いポツポツが目立ってしまう、「埋没毛」なります。

 

皮膚が傷つくと、角質が皮膚を治すために、「かさぶた」のようなものを作り角質層を増やします。

 

その角質層が毛穴を塞いでしまい、

 

皮膚の中で髭が成長をしてしまう、「埋没毛」になってしまうのです。

 

また、この埋没毛を無理やりピンセットで引っこ抜こうとして、

 

返って皮膚を傷つけてしまう悪循環を繰り返します。

 

傷も増え、見た目がさらに悪くなってしまうのです。

 

③肌が汚くなる(黒ずみになる)

 

 

肌は何らかの刺激を受けると、肌を守るためにメラニン色素が活性化します。

 

 

髭を抜くことで毛穴や皮膚にダメージがあると、

 

このメラノサイト(色素細胞)が炎症を治そうと活性化し、

 

たくさん作り出されて、新陳代謝で排出することができなくなります。

 

結果、メラニン色素が色素沈着をしてしまいます。(肌の表面の黒ずみとなる)

 

濃い髭対策はこの3つがおすすめ

 

 

濃いヒゲには、具体的に3つの方法がベストです!

 

①脱毛クリニックに通う

 

②カミソリ→電気シェバーに変更する

 

③除毛・抑毛クリームを使う

 

詳しく見ていきましょう。

 

脱毛クリニックに通う

 

 

髭を抜くことは痛みもありますが、

 

脱毛クリニックであれば、少ない痛みで、キレイに髭を脱毛することができます。

 

デメリットとしては、数回通わなくてはいけないことと、

 

費用が高額になってしまうことです。

 

ピンセットで黒ずみが増したり、抜く労力を思えば断然こちらの方が良いでしょう。

 

カミソリから電気シェバーに変更

 

 

カミソリは、刃を直接肌に当てるので、角質を傷つけていまい、

 

肌への負担も大きいのです。

 

少しでも負担を減らすため、カミソリよりも電気シェーバーを活用するのがおすすめです。

 

電気シェーバーを使うことで、肌の負担を減らし、

 

より太くて濃いヒゲが、生えて来るのを防止する効果があります。

 

電気シェーバーを使う時は、洗顔をしたあとにシェービングクリームを使い、

 

毛の生えている方向に沿って優しく剃るようにしましょう。

 

除毛・抑毛クリームを使う

 

 

自分で一番手軽、そして本格的に濃い髭にできる対策は、除毛・抑毛クリームを使うことです。

 

ネット販売も多くされており、自宅で気軽にできるのがメリット。

 

一時的に濃い髭をなくす「除毛クリーム」や、

 

毛生えを抑えてひげ剃り回数を減らすことができる、「抑毛効果のあるクリーム」などがあります。

 

購入する時には、自分がどちらのタイプが良いのか、

 

確認してから購入しましょう!

 

濃い髭を抜くはダメ!

 

 

口酸っぱく、繰り返しますが、

 

「濃い髭を抜く」のは、埋没毛や肌の炎症を起こすので絶対にNGです!!

 

今やっている人は、今日からすぐにヤメてくださいね。

 

なぜなら、色素沈着で「肌に黒ずみ」ができ、「顔の印象」が暗くなってしまいます。

 

さらには肌が汚いことで、悪い印象を与えてしまう可能性も。

 

なので、濃いヒゲ対策は、クリニックやコスメを活用するのがおすすめです!!

 

これまでの悩みを改善自信をしませんか!?

 

濃い髭対策は必要ですねよ。

 

【検討者必見】ゼロファクターの効果は嘘?感想や口コミまとめ!

 

ゼロファクター。解約の電話番号が繋がらない?問い合わせ電話番号とは?

 

【購入場所】ゼロファクターは薬局で売ってるの?楽天、Amazon?

 

ゼロファクターでヒゲ脱毛は可能?実は脱毛じゃない真相を調査。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です