今読んで欲しいおすすめ記事はコレ!

【30代は見て!】加齢臭はどこから臭う?予防方法はコレ!

 

自分の匂いが気になったことはありませんか!?

 

朝起きて自分の枕を嗅いだら、「なんか枕が臭い。。」と感じている人いますよね。

 

そうです、30代の僕も加齢臭が気になっているんです。。

 

普段自分の匂いをあまり気にしていない人も、

 

奥さんや彼女に申告を受けて匂いに気がつく場合も。

 

なんとかしようと、香水や制汗剤などを使っても、「加齢臭」はどうやっても取れないです。

 

それは、加齢臭は肌の奥で成分が作られているからなんです。

 

そのニオイは、早めに対処しないと、もっとひどい状態になってしまうかもしれませんよ。

 

この記事を読むことで、「加齢臭がどこから匂うのか」、「加齢臭の原因と予防」について分かります!

 

自分の匂いが気になっている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

加齢臭はどこから臭うの?

 

引用:資生堂

 

加齢臭が出る場所は、主に6ヵ所になります。

 

・頭

 

・首後ろ

 

・耳の周り

 

・胸元

 

・脇

 

・背中

 

が発生源です。

 

発生源をみていくと、主に上半身の部分が多くまた気づきにくい首の後ろや、

 

耳の周りもニオイの発生源となっています。

 

なので、対策をする時には上半身をメインに処置していくのが有効です。

 

また加齢臭は、「皮脂の分泌量が多い場所」で発生

 

「枕のニオイが気になる」という人が多いのは、頭部で作られる皮脂量が多いからなんですね。

 

また、「男性は女性よりも皮脂の分泌量」が多く、

 

男女に関わらず、30代を過ぎると、皮脂分泌量がピークを迎えるのに比例して、

 

匂いも強くなってしまうんです。

 

加齢臭の原因はコレ!

 

 

加齢臭の原因は、「ノネナール」という物質です!

 

この「ノネナール」は年齢を重ねるごとに増加。

 

皮膚の中で色々な物質が、「酸化・分解」されることで発生していきます。

パルミトオレイン酸(脂肪酸)が皮膚常在菌や過酸化脂質によって酸化・分解)

 

また、「ストレスや喫煙、肉中心の生活」をしていると、強い加齢臭になってしまいます。

 

若い時には、「匂いを抑える抑制力」がありますが、

 

年齢と共に、この「匂いを抑える抑制力」が衰えることもあって、

 

匂いがキツく」になっていくんです。

 

衝撃!どうにかして欲しいこと1位は、「ニオイ(体臭)」

 

 

時代が変わっても、匂いに対する意識は変わりません。汗

 

職場での周囲の身だしなみで、「どうにかして欲しいこと」として、

 

ダントツに多かった回答が「ニオイ(体臭)」!!

 

自分も含めて、これは人ごとではありませんよね。

 

もはや、「ニオイ」は職場の解決すべき問題のひとつになっています。

 

 

さらに、相手の印象で「次の項目があった場合」に「どのぐらいマイナス点」になりますか?

 

という質問では、

 

1位が、「匂い(体臭)」で「マイナス54点」という結果に。。

 

臭い匂いだと、「その人の印象のほぼ半分NG」と言うことです。

 

とても残念過ぎます。。

 

「ニオイ(体臭)」は、相手に与える印象が強いという結果になっている事が分かりますよね。

 

会社だけでなく、パートナーや彼女にもこんな風に思われてしまうのは嫌です。

 

こんな風に思われないように、「匂い対策は必須」です!!

 

有効な加齢対策はコレ!!

 

 

会社やプライベートで嫌われないように、

 

下記の加齢対策をしましょう。

 

有効な加齢対策

①汗をこまめに拭く

 

②食生活を改善する

 

③お風呂は湯舟に浸かる・体を丁寧に洗う(薬用石鹸を使う)

 

④タバコをやめる(減らす)

 

ということが有効的です。

 

①汗をこまめに拭く

 

 

匂い原因は、汗が雑菌に分解されることによって、

 

発生をしてしまいます。

 

汗はそのまま不衛生に放置をするのではなく、

 

ハンカチなどでこまめに拭いて、なるべく清潔な肌を維持できるようにしましょう。

 

肌に汗が少なければ、匂いの発生を予防できるからです。

 

食生活を改善する

 

 

食事は基本、「和食」を中心にし、低脂肪のものを選ぶと加齢臭を予防に。

 

また、摂取する事で加齢臭予防になる食品があります。

 

1つ目は「抗酸化食品」です。

 

緑黄色野菜や緑茶などを積極的に摂りましょう。

 

タンパク質や脂質の酸化を抑制し、酸化臭を防ぎます。

 

2つ目は、「アルカリ食品」です。

 

お酢、梅干し、海藻類などを食べましょう。

 

体内の乳酸などが作られるのを少なくして、ニオイを抑制。疲労回復効果もあります。

3つ目は、「腸内環境を整える食品」です。

 

しいたけ、しめじ、えのきのきのこ類が、おすすめです。

 

食物繊維多く含む食品を摂ることで、腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を減らします。

 

ニオイ物質を便とともに体外に排出して、匂いを抑制してくれます。

 

③お風呂は湯舟に浸かる・薬用石鹸で体を洗う

 

 

暑い日にはどうしてもシャワーだけで済ましてしまいまちですが、

 

湯舟に浸かることで、汗腺や毛穴に溜まった、ニオイの原因菌や老廃物を落とすことができ、

 

加齢臭予防へと繋がります。

 

また体を洗うときにはニオイが発生するような場所、

 

特に上半身を意識して洗うようにしましょう。

 

 

また、洗う時には「薬用石鹸」がおすすめです。

 

殺菌効果のある薬用石鹸なら、

 

加齢臭の原因になる「ノネナール」を除去してくれる作用があります。

 

④タバコをやめる(減らす)

 

 

タバコは臭い体臭の原因で、

 

血流の流れを悪くしてしまい、

 

老廃物も溜まりやすくしてしまいます。

 

また、タバコは活性酸素を増やす要因にもなります。

 

活性酸素とは、「ほかの物質を酸化させる力が非常に強い酸素」のことです。

 

私たちは呼吸によって大量の酸素を体内に取り入れていますが、

 

そのうちの約2%が活性酸素になるといわれています。

 

活性酸素は殺菌力が強く、体内では細菌やウイルスを撃退する役目をしています。

 

ところが活性酸素が増えすぎると、正常な細胞や遺伝子をも攻撃(酸化)してしまうのです。

 

活生酵素が増えると、

 

内臓や皮膚、骨などのあらゆる体の組織にダメージを与えるので、良くありません。

 

「タバコ」はダブルパンチで、体にとって悪いんです。

 

しかし、禁煙をすることで返ってストレスになるので、

 

まずは、減らすことから始めてみましょう!

 

匂いもエチケット、改善必須!

 

 

ここまでの記事をみて、発生場所とその対策方法が分かったと思います。

 

加齢臭の「不快なニオイ」で、

 

最悪、「大好きなあの人」に嫌われてしまう可能性もあるかもしませんよ。。

 

でも、そんなの嫌ですよね。

 

今日から、周りに対してのエチケットとして、職場・プライベートもしっかり予防を行い、

 

嫌な「ニオイ」を撃退して、清潔感のある人になりましょう。

 

匂いで、印象が全く変わるので!!

 

体の中から、加齢臭できる「メンズデオ8400」の情報こちら↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です