今読んで欲しいおすすめ記事はコレ!

加齢臭がドブ臭い?あなたの匂いの種類は?まずはセルフチェック!

 

日本人の約10人に1人がなってると言われている。加齢臭。

 

加齢臭って原因もわかりにくいですし、

 

消臭スプレーでごまかそうとしても、なかなか消えないんです。

 

例えば、仕事の外回りで汗を書いて、自分の匂いが気になって仕方がないという事もあったりしますよね。

 

実は人によって、「加齢臭の匂いに違い」があるのは知っていましたか!?

 

この記事では、「加齢臭にどんな匂いに種類があるのか」、「簡単にできるセルフチェック」を解説。

 

簡単に実践できるので内容なので、ぜひ試してください。

 

加齢臭がドブ臭い?どんな匂いの種類?

 

 

自分で気がつくのが難しい加齢臭。

 

どんな匂いをしているの気になりますよね。

 

大きく4つの匂いに、例えられます

 

加齢臭の匂いを例えると

①ロウソクの匂い

 

②ブルーチーズの匂い

 

③古本の匂い

 

④腐った魚の匂い

 

加齢臭の原因と言われているのは、「ノネナール」という成分。

 

実は匂いのメカニズムは、この「ノネナール」が、汗や体臭、衣類の細菌と混ざり合って加齢臭を放ちます。

 

そのため、匂いの種類も千差万別

 

特に汗は、その人の食生活や生活習慣によって違います。

 

だから人によって、様々な匂いがしてしまうんですね。

 

セルフチェックの方法

 

 

自分の匂いは、なかなか気がつきにくもの。

 

でも、大丈夫ですよ!!

 

ここでは、簡単にセルフチェックをする方法をお伝えしていきます。

 

①耳の後ろをこする

 

 

1つ目のチェック方法は、

 

加齢臭の匂いが出やすい、「耳の後ろ」をこすって嗅いで見ましょう。

 

「耳の後ろ」はお風呂などで洗い忘れてしまいがちな箇所で、

 

皮脂がたまりやすい傾向があるからです。

 

皮膚の中にある、「皮脂腺」と言われる場所から、「ノネナール」が分泌されており、

 

「皮脂腺」は1本の毛穴に対して1つ存在しています。

 

それでいうと全身から、加齢臭が発生する可能性がありますが、

 

全身の中でも比較的、「皮脂腺」が発達している場所があり、

 

その場所から、「強い匂いを発生」しやすいのが特徴となります。

 

②枕の匂いを嗅ぐ

 

 

全身の中でも「皮脂腺」が発達している場所が、「頭」になります。

 

2つ目の方法は、「枕の匂いを嗅ぐ」というこです。

 

頭皮には体の中で「皮脂腺」が一番多く存在していて、

 

髪の毛の影響もあって、蒸れやすい環境なので匂いも強くなる場所です。

 

枕に枕カバーを使用している人でも、毎日洗っている人は少ないので、

 

枕の匂いを嗅げば、大抵の人の加齢臭チェックはできちゃいます。

 

すでに、自分の枕が「ちょっと臭い」と、

 

感じている人もいるのではないでしょうか!?

 

③匂いチェッカーを使ってみる

 

 

3つ目はタニタが発売している、

 

「においチェッカー(ES-100)」を使うという方法。

 

飛び道具的な感じですが、「においチェッカー(ES-100)」は、

 

「におい」を数値化してしまうという、恐ろしいツールです。。汗

 

気付きにくい、自分の「におい」を知ることができるので、

 

人を会う事が多いサラリーマンの方は持っていても、良いかもしれませんよね!!

 

④家族に聞いてみる

 

 

最終手段は、「家族に直接聞いてみる」という方法。

 

友人だと気を遣って言わないこともあり得ますが、

 

家族であれば客観的に伝えてくれるでしょう。

 

人によっては「家族には知られたくない」と人もいるかもしれませんが、

 

何でも気兼ねなく話せるのが家族という人は多いと思います。

 

自分で自覚症状がない分、他に人に聞いてみるという方法が、

 

一番手っ取り早くて、分かりやすいのではないかと思います。

 

もし加齢臭が酷い場合、改善するには毎日一緒に過ごす家族の協力は必要不可欠ですから。

 

30歳すぎたら加齢臭かもしれない!?

 

引用:資生堂

 

加齢臭の原因の1つと言われているのが、「ノネナール」という成分。

 

これは皮膚内部で作られるそうですが、

 

このデータとみると、「ノネナール」という成分が、「30歳を過ぎた頃」から急激に増加してきます、

 

すなわち、加齢臭も強烈になってしまうという可能性があります。

 

加齢臭とは、中高年に特有の「脂臭くて、青臭いニオイ」のこと。

 

1999年に、資生堂が加齢にともなって発生するニオイの原因物質「ノネナール」を発見。

 

今では一般的に使われている「加齢臭」という名前も、資生堂が命名しました。 

 

ノネナールは、年を重ねると増加するパルミトオレイン酸(脂肪酸)が、

 

過酸化脂質や皮膚常在菌によって酸化したり分解されることで発生します。 

 

ノネナールは男女問わず、40歳を過ぎたころから増えてくるので、

 

男性に比べ皮脂量の少ない女性でも、安心はできません。特に、皮脂量が増える暑い季節は、要注意です。

 

また、男性は女性に比べて皮脂量が2倍も多く作られるので、

 

男性は30歳を過ぎたら、加齢臭対策は必須だという事です。

 

もう、「匂い対策していない」はありえません!!

 

匂いは無視できない問題!

 

 

ここまでの記事を見てもらい、

 

「加齢臭にどんな匂いに種類があるのかと、簡単にできるセルフチェック」が理解できたと思います。

 

街灯アンケートでは少し臭うだけで、その人の印象が「マイナス50%」という、

 

結果も出ているだけに、「無視できない問題」。

 

最悪、「大好きなあの人」に嫌われる可能性もありますよ!!

 

だからこそ、さまざなデオドラントコスメを上手に活用し、

 

嫌な匂いを撃退するしかありません。

 

体の中から、臭い対策できる「メンズデオ8400」の情報はこちら↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です