今読んで欲しいおすすめ記事はコレ!

目の下が鳥肌みたいな男性は老け顔?原因と改善方法は?

 

目の下って、年齢を重ねるごとに老けて見えるようになってしまうんですよね。

 

人の第一印象は見た目で決まると言われており、

 

目の下が鳥肌みたいになると、10歳くらい老けて見える」という印象を与えしまい、

 

異性から、「恋愛対象外」にされてしまうかもしれません。

 

そんな目の下が鳥肌みたいな、「しみやしわ」の状態が気になっているのに、

 

「どんなケアをしたら良いか分からない」とそのまま放置していませんか?

 

この目の下の鳥肌のような、「しみやしわ」をそのままにしていると、

 

さらに老け顔が悪化してしまうこともあるんです。

 

この記事では、「目の下のたるみの原因や対処方法」を紹介しています。

 

すぐに実践できる内容もありますので、

 

ぜひ試してみてください。

 

目の下が鳥肌みたいな男性は老けて見えるの?

 

 

目の下が「鳥肌みたいなたるみ」があると、老けて見られます。

 

これは目の下の皮膚が、生活の乱れや、加齢によって起こる、

 

鳥肌のような「たるみ」によって、老けて見えてしまうんです。

 

人への好意は、「第一印象」で瞬間的に決まると言われているので、

 

そのためにも、「目の下のケア」はしておくべきなんです!

 

異性には老けて見られてしまい、

 

「恋愛対象外」になってしまうことかもしれませんよ。

 

「目の下のたるみ」が鳥肌に見えると老け顔に見える理由

 

 

まず人と会った時、一番最初に見るのが顔です。

 

そして、老け顔の印象を与えてしまうのが、「目元のたるみやシワ」

 

「目元のたるみ」をケアをしていると、

 

「外見年齢」が10歳以上変わってくると言われています。

 

写真のでもその差が分かりますよね。

 

女性よりも男性はお肌のケアをする機会がない男性は、

 

30代を過ぎてくると特に、目の下に鳥肌のようなたるみが目立つようになってきます。

 

確かに、どれだけ服装がキマっていても目元がたるんでいると、

 

「若作りをしているおじさん」のイメージになってしまいますよね。

 

40代、50代になっても若々しい顔を維持するためにも、

 

気になり始めたら、早めの目元ケアが大切なんです。

 

「目の下のたるみ」の原因は?

 

 

「目の下のたるみ」の原因は、2つ考えられます。

 

①皮膚の衰え

 

②眼輪筋の衰え

 

になります。

 

①皮膚の衰え

 

 

1つ目は、「皮膚自体の衰え」が原因。

 

これは、目元の保水力が落ちてしまい弾力が弱まることで、

 

重力に負けて、下にたれてしまい鳥肌のような、たるみが起こってしまいます。

 

目の下の皮膚は他の皮膚よりも薄く、わずか3分の1程度しかありません。

 

寝不足、飲みすぎ、生活ストレス、

 

そして、加齢などで影響を受けやすく、「たれやすい」場所になります。

 

②眼輪筋の衰え

 

 

2つ目は目の周りについている眼輪筋が、年齢と共に緩んでしまうのが原因。

 

年齢と共に緩んでしまうと、

 

皮膚を支えきられなくなり、どんどんたるんでしまいます。

 

眼輪筋は、そもそも「まばたきをするための筋肉」で、

 

目の周りの血行を促す働きもあるのですが、

 

意識して鍛えないと、どんどんと筋力が衰えてしまうんです。

 

「目の下のたるみ」を改善するには?

 

 

「目の下のたるみ」を改善するには、

 

「目の下のたるみ」の改善方法

①眼輪筋を鍛える

 

②マッサージをする

 

③メンズコスメを活用する

 

になります。

 

眼輪筋を鍛える

 

 

1つ目は、眼輪筋を鍛えることで、「目の下の鳥肌のようなたるみ」を改善することができます。

 

眼輪筋も他の筋肉と一緒。

 

意識して鍛えなくては衰えてしまいます。

 

眼輪筋は以下のような方法で鍛えましょう。

 

 

目のたるみを解消する体操

①眉毛が上がってしまわないように目を大きく開けます。

②顔を動かさずに、目だけを使って右方向を見ます。

③そのまま右斜め上を見ます。

④次は真上を見ます。

⑤左斜め上を見ます。

⑥左を見ます。

⑦リラックスしましょう。

 

この①~⑦の動作を3セット、

 

隙間時間に取り入れることで眼輪筋を鍛えることができます。

 

マッサージをする

 

 

2つ目は、顔のマッサージをおこなうことで抑えることができます。

 

方法としては、顔の引き締めの役割をしている「靭帯(じんたい)」を引き上げるものです。

 

マッサージ方法は以下のようになります。

 

顔のマッサージ

①指の腹を使って目尻から目頭にかけて軽く押すようにこりをほぐします。

②こりがほぐれたら、目頭から目尻のたるみを骨に押し込むように優しく押します。

③目頭を押さえて目尻へむくみを流します。

④親指の腹を使って、目頭から目尻まで軽く押し上げす。

⑤こめかみにたまったむくみを首へと流します。

 

この①~⑤の動作を2セット、

 

力を入れすぎないことと、爪で顔の肌を傷をつけないように、

 

気をつけながら取り組んでみてください。

 

メンズコスメを活用する

 

 

3つ目は、メンズコスメの活用です。

 

眼輪筋を鍛えるマッサージと、メンズコスメを合わせ活用するのがおすすめ。

 

メンズコスメには様々な種類がありますが、

 

今は男性専用の「目元のケアができるコスメ」も販売されています。

 

肌の内部に浸透して働きかけるので、たるみの改善に効果が期待できます。

 

男性も「目もと」に悩んでいる!?

 

 

男性向けにおこなった「肌の悩みは何ですか!?」というアンケートでも、

 

「目元」に悩んでいる人が一番多くなっています。

 

年齢を重ねるごとに、「目元のたるみ」が気になっているんですね。

 

若い頃はニキビで悩んでいる男性も、

 

30代になれば「シワ」が気になるようになり、40代以降は「たるみ」へと変化。

 

分かることは、年齢を重ねるごとに「肌の老化」に悩まされるということです。

 

「シワが気になってきたな」と思う40代の年齢になると、

 

目元のたるみも徐々に悪化してくるタイミングなので、

 

何らかのケアを早めにしておきたいですね。

 

早めの目もとのケアが必要

 

 

ここまでで目の下の「鳥肌のようなたるみ」が、

 

「老け顔」を招いてしまうことが分かったと思います。

 

この目元のたるみは眼輪筋、皮膚の衰えが原因。

 

ストレスや寝不足などの生活環境が影響を及ぼすこともありますが、

 

「加齢」によって、たるんでしまうのは避けられないものなのです。

 

シワやたるみが気になりだす30代は、たるみ・しわの対策は必須です。

 

若々しさをキープするためにも、

 

早めに対策をしないと、恋愛対象外になるかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です