今読んで欲しいおすすめ記事はコレ!

青髭を抜いていたら「埋没毛」という恐ろしい結果に。。ごま塩!?

 

剃っても剃っても生えてくる「青髭」。

 

気になってしょうがないです。

 

できるなら顔の皮膚を取り替えたいほど、切実な問題。。

 

だって、あだ名が「ごま塩」。

 

友人曰く、「ゴマの黒いつぶつぶ」が顎にいっぱい付いているらしいです。。

 

いつも凹みます。(泣)

 

朝剃っても夕方には「ボーボー」、そして「青髭」からの「黒いブツブツ」。

 

何とかしようと、「ピンセットで抜いてしまう人」もいるみたいですが、

 

それが、「恐ろしい結果」を招いてしまいますよ!!

 

今回、この記事を読むことで「青髭を抜くとどうなるのか!?」が分かります。

 

よかったら、僕の体験を参考にしてみてください。

 

早速見ていきましょう。

 

埋没毛という恐ろしい結果に。。

 

 

癖になって、「ピンセットで抜いてしまう人」いますが、

 

恐ろしい結果になるので、絶対にやめてください!!

 

そうです。「埋没毛」になるんです。

 

ちなみに「埋没毛」とは、「肌の下に毛が埋もれてしまう」ということ。

 

毛穴が塞がってしまい、毛が毛穴の外に出られない状態を言います。

 

こうなると「毛」が伸びようしますが、

 

地肌から毛がうまく生えることができず、「ポツポツとした埋没毛」になってしまいます。

 

こうなると様々な弊害も。

 

抜くとなんで埋没毛になるの??

 

 

埋没毛になる原因、それは「肌(毛穴)を傷つけている」からです。

 

極論、肌を傷つけなければ「埋没毛」は起こりません。

 

この傷つける行為が、「髭剃り」や「ピンセットで抜く」ことです。

 

これは「人の皮膚」に傷がつくと、

 

その皮膚を再生させようと、「うすい膜」を張ります。

 

要は「カサピタ」の状態になるんです。

 

そのカサピタが「毛穴」を塞いでしまうので、毛が肌の表面に出るくることができず、

 

毛が埋もれてしまうんですね。

 

埋没毛がダメな理由って!?

 

 

皮膚の下で毛が成長するので、「黒いボツボツ」とした見た目に。。

 

これがいわゆる、「ごま塩」状態。

 

 

もちろん、「見た目」は悪いですが、

 

一番の弊害は、その部分に雑菌が入り、化膿する可能性が高いからです。

 

最悪、化膿した部分が治った時に、

 

その場所が色素沈着してしまうんです。

 

肌が黒っぽくなり、より見た目を悪くしてしまいますよ。

 

自分はコレをやっていました。「埋没毛」になる原因はコレだった。

 

 

「埋没毛」になる原因は、主に4つ。

 

髭を頻繁に剃る

 

・逆剃りなどの誤った剃り方をする

 

・毛を抜く

 

・除毛クリームを使う

 

などが考えられます。

 

その中でも、危険なのが「ピンセットや毛抜きなどで抜くこと」

 

これは「埋没毛」を招くだけでなく、

 

肌色汚くなる色素沈着も起こす可能性があると、

 

先ほども説明しましたよね!

 

髭剃りで、「埋没毛」なるのは分かる気がしますが、

 

自分の場合過去に、「除毛クリーム」でも発生してしまいました。。

 

基本的には、「除毛クリーム」で「埋没毛」ができてしまうことは無いですが、

 

問題があるとすれば、「その使用方法」かもしれませんよ。

 

まさに今、「除毛クリーム」で「埋没毛」になり困っている人は、

 

使い方を見直した方が良さそうですよ!

 

例えば、除毛クリームを肌から落とす際に、スポンジやタオルを使いますが、肌に強く押し付けていると要注意です。

 

除毛クリームを塗った直後の肌は刺激に敏感になっているので、強く擦ると傷ができてしまいます。

 

スポンジを使用する際は、ボディ用のスポンジを。

 

タオルを使う際は柔らかいタオルを使って、肌に強く押し付けないようにしないと、埋没毛の原因となる傷ができてしまいます。

 

例えば、「使用してはいけない場所への使用」=「肌がデリケートな場所への使用」や、

 

「拭き取りの時に強く擦りすぎた」などが考えられます。

 

ちなみに、自分は「拭き取りの力が強かった」みたいでした。汗

 

ここまでで、「埋没毛の原因やダメな理由」が分かりましたよね。

 

次は、「埋没毛の治し方」です。

 

埋没毛ができたらこうしよう。治し方はコレ!

 

 

シンプルですが、正しい治療方法は、とにかく「放置する」こと。

 

「触らずに放置」しておけば自然と治りますよ。

 

しいて言うなら、「乳液や保湿クリーム」で乾燥しないように、

 

保湿ケアをしっかりして治るのを待ちましょう。

 

でも、ここで終わりではありません!!

 

その後も適切なケアが必要なんですよ。

 

続けて「埋没毛」ができないようにするためには!?

 

 

毛を抜かないようにして、

 

「正しい髭剃りをする」、「髭剃り後のケアを忘れない」

 

この2つのことを徹底しましょう!

 

髭剃りをやめてしまえば今後、「埋没毛」ができる可能性が少なくなりますが、

 

身だしなみを整える上で、そうもいきませんよね。

 

「髭ボーボー」では出勤できませんから!

 

では、詳しく解説していきますね(^.^)

 

逆剃りはしない

 

 

まずはこれ!!

 

「逆剃り」をすると肌を傷つけ

 

「埋没毛」の原因になってしまうので、「逆剃り」は絶対にNG!!

 

髭剃りをする時には、

 

髭の生えている方向に優しく滑らすように剃りましょう。

 

どうしても逆剃りをする場合には、

 

「順剃り→逆剃り」の順に行うようにしましょう。

 

②髭剃り前に肌を柔らかくする

 

 

肌の状態が「柔らかい」ほど、負担を減らすことができます!!

 

「ぬるま湯や温水」で顔をしっかり洗ったり、

 

蒸しタオルで顔を温めて「肌を柔らかい状態」にしましょう。

 

「肌を柔らかい状態」だと、剃り残しが少なくできるし、

 

綺麗に剃ることもできるので、一石二鳥です!

 

③髭剃り製品の選択も大切です!

 

 

T字などのカミソリは、安価に購入ができますが、

 

「顔の肌を傷つけやすい」アイテムです。

 

「電気シェーバー」もしくは、「3枚刃以上のカミソリの選択を!!

 

なるべく「肌への負担」を減らして

 

「埋没毛」のリスクを減らしましょう。

 

④髭剃り後のケアを忘れないように!

 

 

髭剃り後は「肌も弱っている」状態、

 

簡単にいうと、「皮膚が裸の状態」なので、必ず「アフターケア」をしましょう。

 

人間が裸だと風邪を引いちゃいますよね。

 

それと同じなんです!!

 

・毛穴の引き締めが「肝」

 

 

「冷たい水」で顔を洗い流すことで、

 

「開いている毛穴」を引き締めることができます!

 

髭剃り直後は、毛穴が開いている状態。

 

普段より、髭剃り直後は「顔がスースー」するのはまさに、この状態だからなんです!!

 

「冷たい水で流す」ことで、「開いている毛穴」が閉じるので、

 

細菌の侵入を防ぎ、カミソリ負けも防ぐことができますよ!

 

・「保湿」も重要!

 

 

髭剃り直後は、毛穴が開いている状態というのは、

 

先ほども記載ほどしましたが、

 

同時に、顔の皮膚の水分が失われているんです。

 

顔の皮膚も「カラカラ」なんですね!

 

しっかり給水が必要。だから「保湿」は大切なんですね!

 

自分の肌に合った、「ローションや乳液」で丁寧に保湿をしましょう。

 

抜いたらダメ!!顔に傷を残さないために

 

 

抜くことで、「埋没毛」という恐ろしい結果になってしまいます。。

 

自分が体験した内容なので、身をもってお伝えできたと思います。

 

「間違った髭剃りのやり方」や「抜くこと」で、

 

肌に傷をつけることが原因。

 

「抜くこと」を止めて、「肌への負担が少ない髭剃り」を心がけましょう。

 

「顔の肌への負担を極力少なく」することです!!

 

「埋没毛」になってしまい、

 

「黒いポツポツ」が目立って、汚い肌はとても醜い(みにくい)ですから。

 

「あの人、肌が汚いからヤダ。。」って女性に嫌われたら、

 

「ショックがデカい」ですし。

 

さらには、「気になっているあの子」の恋愛対象外になるかもしれませんよ。

 

あなたも、「ごま塩」ってあだ名で呼ばれたいですか!?

 

嫌なら今すぐ、気が付いた点を即改善しましょう!

 

髭剃り後の肌にはしっかり保湿を!「おすすめの保湿ローション」はこれ↓↓

 

プレミアムアフターシェイブローションは薬局で市販しているのか調査!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です