今読んで欲しいおすすめ記事はコレ!

ひげが濃い男のコンプレックス。ひげは女子に人気がない!?

 

”ヒゲが濃いと、見た目が悪い”

 

これって「オス(男性)」ならではの悩みのひとつですよね。

 

ひげに関する悩みを持つ男性はじつに多いと言われているわけですが、

 

もちろんそんな僕も、御多分に洩れずその男たちの中の一人なのでした。。。

 

・朝の髭剃りが面倒でうんざりする

 

・人の視線の先が僕の目ではなくあご周辺に。。

 

・女性に対して積極的になれなかったり

 

ざっとこんな具合。

 

そこで今回の記事には僕が思うヒゲに対する(毛だけに)根深い悩みから、

 

たどりついた解決策についてまとめてみました。

 

・自分がコンプレックスだと思う理由。

 

・世の女性はどう感じているのか?

 

・具体的な改善はどうするべきか?

 

という内容で綴っていきますので、「自分も少し気になっている」という方は、

 

誰にもバレません。

 

おまけに5分ほどで読めるので、お気軽に読んで情報を共有していってくださいね!

 

「ひげが濃い」がほんとコンプレックス

 

 

コンプレックと思うかは、自分次第なところがありますが、

 

個人的に、「ひげが濃い」ことがコンプレックスだと思っています。

 

これまでの人生で損したな。。と思ったことは数知れず。

 

そこで僕が思う、「ひげが濃い」のが「コンプレックスや悩み」だと思う、3つを挙げました。

 

①剃るのが大変だし、時間がもったいない!

 

 

まずはこれです。

 

朝の時間の無いなか、髭剃りで処理する時間がもったいない事!

 

朝の会社の出勤前って、バタバタしている事が多くありますよね。

 

自分は朝風呂派で、お風呂上がって、スキンケア。その後に朝ごはん。

 

何だかんだでいつも時間ギリギリに。

 

そんな中で、このひげ達(剛毛)をすべて処理しようと思うと、ほんとに大変なんです。

 

毎日の習慣だけに、余計にこの時間を無くして、まじで寝たいし。。

 

しかも自分の場合、T字カミソリだと頼りないぐらいの剛毛。

 

面倒なことに髭剃り後の刃は、使用後にきちんと洗って乾かしたりしておかないとすぐ劣化するし、

 

カミソリの刃の定期的な替え刃は、必須。

 

劣化したカミソリの派は「細菌」が付着しやすいので、切り傷→吹き出物の悪循環になります。

 

かといって、ウン万円する高額なシェーバーだとしても、

 

カミソリほど隅々の毛を処理できるほど万能じゃないんですよね。

 

②剃っても数時間で再生

 

2つ目は、朝剃っても、数時間後にはすぐに「ひげが再生する」こと。

 

大体、ランチの時間ぐらいにアゴを触ると、すでにジョリジョリ状態。

 

さすがに、ため息が漏れます。。

 

「ハァ〜」

 

ちなみに1日のうち、ひげの成長がもっとも活発な時間帯は寝ている間ではなく、朝だとか。

 

そして、疲れていたり体力のないとき程、成長が早くなるものらしい。

 

ちなみに、「男性ホルモン」が関係しているそうです。

 

残念なことに、寝る前にひげを剃ったとしても、

 

朝には「ごま塩」状態に。(ごま塩はあだ名。友人曰く)

 

③人に指摘される

 

これが一番の悩み。

 

人の視線も気になりますが、「人に指摘される」ことです。

 

他のクラスメートよりも早く二次性徴を迎えた、小学生時代の自分。

 

ひげが生え始め、先生やクラスメートからひげネタの指摘を受けて、なんだか気恥ずかしい気持ちになりました。

 

学生服には似合わないひげ。中・高になるとクラスメートのネタ。女子の小さな悲鳴。

 

 

女子:「ひげをきちんと剃りなさいよ!」

 

俺:剃ってるから!

 

 

高校生時代のバイト先でも目立つひげに、新人でまだスタッフの名前を覚えきれてない女の子が陰で、

 

「あのひげの濃い先輩」といっていたらしい。

 

そして、それが自分だとすぐに理解するみんな。。。

 

おい!バカにすんじゃねーよ。泣

 

学生時代にそんな体験をしたものあって、社会人になってからもやっぱり、「会社の同僚の視線」が気になっています

 

考えられる「3つの具体的な」改善方法

 

 

そこで僕はこのひげについて「どう向き合っていけばよいのか」、

 

改善方法を考えてみました。

 

それは大きく掲げて3つ。

 

①ひげを違った形で受け入れる

 

1つ目は、濃いひげをあえて前面に出して、自分の自虐ネタとしてフル活用してみるという方法。

 

初めてからすでに力技です。

 

近年の日本でも”個性”があることがその人の魅力に繋がるかもしません。

 

「俺、こんなひげ濃いし!笑」、「あごで大根おろせるけど?笑」、「(シンクにたわしが無い)俺のたわし(あご)で洗いますね!笑」など、

 

まわりに言われる前に自分からグイグイ売り出してみる!!

 

もはや芸人の域。

 

まわりが笑ってくれて、ネタとして重宝されたり、人の印象に残りやすかったり、場を和ませることで人に好かれるようになるのではないか?って思ったんです。

 

ただ問題は、それで自分は幸せかってことですよね。

 

1日中人様からのいじりに耐えられるか。。自虐ネタを聞くのが嫌いな人もいますよね。

 

また”濃いひげ”は、”ハゲ散らかし”ほどインパクトはないかもしれないが。

 

ちなみに、お笑い芸人さんはお仕事だからイジりイジられているだけであって、

 

基本的には、実生活でイジられると強烈な不快感を示すようです。(要らない情報。。)

 

②あえてどんどん伸ばしてみる

 

2つ目は、あえて「何もせずに伸ばしてみる」という方法

 

ほぼ1つ目と同じような。。

 

ひげ生えてたっていいじゃないの!と、ひげとの共存に挑んでみるのもありかもしれません。

 

ありのままの自分を受け入れるという意味で自然に任せる

 

結果、必ずエンディングは「無精ひげ」エンドになりますが。。

 

ちなみに僕は、生粋の日本人なので、顔の掘りは全く深くないし、

 

白いTシャツや、おしゃれなスーツが似合ったり、長身で筋骨隆々でもないので、この方法は諦めていますが。。

 

確かに、「無精ひげが似合う人」を見てみると、彫りが深くて、ワイルドなルックスの人(欧米の人)ですよね。

 

さらに「清潔に無精ひげを生やしている人」は、

 

実はこまめに、はさみなどで整えて丁寧に伸ばしていっているんです。

 

つまり!普通に剃るよりも手間をかけてるということ。

 

清潔な無精ひげでなければ、後述する女子からの支持は一切得られない。。。

 

個人的に却下。

 

③脱毛を検討する

 

脱毛サロンに行って、脱毛のスペシャリストによる判断と、専用の業務用機械でひげを毛根から根こそぎ処理してもらい、

 

ひげを、存在していなかったことにしてもらうのです。

 

そうです。

 

「脱毛を検討」することが、一番合理的で根本的な解決なことに僕は気づいてはいます。

 

そもそも自分は、サロンに行くだけで横になっていればいいだけ。

 

ムダ毛について知識まみれの優しいスタッフさんに任せればいいだけ。

 

ただ問題はここでも出てきます。

 

それは、お金が必要だということ。。。

 

数多くあるサロンの脱毛料金はサービス内容も含めていろいろなプラン(コース)があり料金もピンキリ。

 

そして”サロン”というとなんだか、ハードルが高く近寄りがたく感じてしまいますよね。。

 

世の女性はどう思っているのか?

 

はっきりいいますが、僕は異性である女性の皆様の視線は特に気になってます。(女性の友人曰く)

 

好きな女性だけに、許容されていれば良いというわけにはいかないのが本音です。

 

同期(同級生)・先輩・後輩・店員さん・お客さん・同じ乗り物で出くわした女性・道を尋ねてきた女性などなど、女性に向かい合う瞬間に緊張することがありました。

 

女性から見上げられた時、彼女の視線は一瞬、僕の鼻より下を見た気が。

 

考えすぎなところはあるかもしれません。

 

そんなわけで、世の女性は男性の”ひげ”をどうとらえているのか調べてみました。

 

アンケート結果

 

圧倒的に多い意見は「ひげ=不潔」

 

ボサボサの無精ひげは、まさにそのいい例で、「食べ物とかついたりしそう」「臭そう」「だらしない」「雑」「清潔とは対極」との意見

 

続いて「日本人男性にひげは似合わない」、こちらの意見も多いです。

 

きちんと手入れして少なめに整っているひげであれば大丈夫との意見もありますが、あくまで顔にそのひげがマッチしていることが前提での話なわけです。

 

お次はこれもひげ嫌いの話でよく話題に出る「ひげが痛い。ジョリジョリして嫌」説。

 

よくお父さんが娘の顔にすりすりして嫌がられるというあれ。

 

そして最後のとどめは僕らにとってはもうどうしようもなく悲しい話。「ひげの剃り跡が青くなってて気持ち悪い」男性ホルモンと毛根に言ってくれ!!

 

以上、統計をとると「結果8割超の日本人女性はひげが嫌い」だそうです。

 

女性用コミックの主人公が恋する男性にはひげは生えていません。

 

それどころか眼鏡設定と同じく”ある日ひげを剃ったらとてつもないイケメンだった!”という展開が存在します。

 

また、ホストの世界では女性に気に入ってもらうためには不利になるとのことで、”ひげは生やさない”そうです。

 

女性の心をつかむプロがそうしているということで、

 

女性にとって、「ひげ」はプラスどころかマイナス要素だということが、ここからもわかります。

 

ある女性はこう言います。「好きな人ならひげがはえてても大丈夫かな」。

 

好きになってからであれば、ひげを容認できるそういうことなんです!

 

結局どの改善方法に頼ればいいのか?

 

 

根本的な解決という意味では、

 

僕の意見は結局、「サロンに通って脱毛すること」なんだと思いました。

 

毛根からきれいに処理することで、ひげが次に生えるまで完全にひげの悩みから解放される期間ができるのです。

 

朝起きてひげを剃る手間がなくなるので、

 

その時間コーヒーを飲みながら本を読んで知識人に進化できるかもしれません。

 

また、誰かが自分の無いひげに注目することもなく、ひげについて完全に考えなくてよくなるでしょう。

 

デメリットの一つ、費用の面でも、カミソリなどのランニングコストを考えれば前文のメリットがあることに加えて、自分に合った料金設定のサロンさえ見つけ出せれば気にならないでしょう。

 

サロンの垣根が高いと感じることも、ネットなどで調べていくと最近はサロンでのひげ処理が一般化してきているようで、

 

男性のスタッフがいるお店や一度行ってしまえば慣れてくるようです!

 

ただ、その人によっての事情や価値観があるかと思いますので、

 

これを読まれた方はご自身でじっくり考えて検討ください!

 

脱毛を検討されている方へ

 

まずは情報取集が大切です!

 

 

自分も実施に「無料カウンセリング」を受けてきました。

 

 

脱毛が始まると、「半年〜1年ぐらいは通う」可能性が出てきます。

 

 

だからこそ「脱毛サロン、クリニックのスタッフの方の対応や雰囲気」を知っておくことをおすすめします!

 

 

そして、実際に行って見るのが手取り早いです。

 

 

頭で考えるより、まず行動しましょう。

 

 

無料カウンセリングなので、金銭的なリスクもありません!

 

 

「メンズクリアの無料カウンセリング」の申し込みはこちらからできます↓↓

 

「メンズクリア池袋店で無料カウンセリングを受けた」時の記事はこちら見れます↓↓

 

 

【口コミ・評判】メンズクリア池袋店で無料カウンセリングを受けてみた!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です